ごあいさつ

ーリトミックに出会えたことでー

学生のころ、ピアノの学びに行き詰まった時、今は亡き恩師が私に勧めてくださったのがリトミックでした。

学生時代が終わり、教育現場での日々を経て、音楽の指導、その言葉の意味を問い続ける中、ダルクローズ・リトミックの公開レッスンを見学する機会を得ました。2歳クラスの小さなお子様方が先生の弾かれる即興の音楽の内容に次々と反応していく様子を目の当たりにしたのです。幸運なことに、これが私にとっての初めてのリトミックとの出会いであり、それがダルクローズ・リトミックそのものだったのです。お子様方が目を輝かせた表情で先生とのやり取りをしながら進められていくレッスンの温かい光景でした。亡き恩師がなぜ私にリトミックを薦められたのか、私の今後の方向は決まったのでした。その後出会うダルクローズの国内外の先生方のレッスンでは、どの先生のレッスンも音楽への愛にあふれ、全身で音楽を楽しむことのすばらしさでいっぱいのレッスンでした。

指導を学ぶにあたって、まず自分自身がダルクローズ教育で学び経験することがとても重要でした。自身が学ぶダルクローズ教育では、音楽の経験に動きが伴うことによって「音楽の持つ生命力、色彩豊かな世界を味わい感動すること」「新たな発見や気づきを得ること」「音楽の構造をとらえること」などのきっかけに満ちていました。正解をなぞっていく教育でもなく、競争や優劣の競い合いといったことから解放された学びの場、という点で、私が目指している音楽教育の在り方そのものでした。何よりも驚きと楽しさの連続でした。

そして、ダルクローズ・リトミックを自身が指導する場で実践できるよう国際資格を取得するための勉強を通し、このメソッドの目的や、指導の在り方、音楽での伝え方や音楽の在り方について学んできました。現在ではたくさんのお子様方と音楽やリトミックを共にする毎日が続いております。

生きた音楽を学ぶことの楽しさを子どもたちに伝えたい、という願いを持ち続け、「動くことで何かが変わる」「音楽を動く経験が音楽を教えてくれる」よう指導に臨んでいます。

音楽教育の意義は音楽を愛する心を育てることであり、専門家を育てることだけではなく、感性豊かな聴衆を育てる事にもあると考えています。「調和する事」「音楽で心豊かに」を願い、原点に立ち返りながらkanaderukaiの活動を企画・運営してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ーkanaderukai主宰 竹内 略歴―

広島大学教育学部音楽教育学専修卒

公立中学講師・音楽教室、自宅にてピアノ講師を、のち松戸市および近郊の幼稚園・保育園・子育て支援事業などで音楽・リトミック講師として指導。

第Ⅷ期 第Ⅷ期ジャックダルクローズ協会理事・ダルクローズ国際サーティフィケイト取得

 

後ろ姿 - コピー.JPG